Top > インプラントの種類

インプラントの種類

インプラントの種類には、どういうものがあるでしょうか。国内で流通しているものは20種類ほどです。
インプラントの種類の代表的なものとして、「ブローネマルクインプラント」「ITIインプラント」「アストラインプラント」等があります。

インプラントの材質は、人体にほとんど影響のないチタンが使われています。昔は象牙や宝石といったものが使われていました。チタンが人体との親和性が高いということが発見されてから、インプラントはめざましい発展を遂げてきました。日本にインプラントが導入されたのは、世界から10年遅れてからとなりました。

インプラント治療でどの種類のインプラントを用いるかは、歯槽骨や顎の骨の状態、噛み合わせ等によっても異なり、また歯科医によっても好むインプラントの種類は違います。インプラントを選ぶ場合、世界的に評価が高く、成功例も数多く、インプラントを作っている会社自体が安定しており信用もあること等を十分考慮するべきです。

インプラントは固定式のものなので、歯を削らずに挿入することができます。入れ歯やブリッジと違い、インプラント治療後も、日々の歯磨きや歯科での定期チェック等によって、何年~何十年ももち、食物をしっかりと噛むことができます。大切にしたいですね。

 

 学習障害  モテる  育毛  観葉植物 種類 育て方
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
インプラントとは(2009年7月 3日)
インプラント治療(2009年7月 3日)
インプラントの種類(2009年7月 3日)
インプラントの費用(2009年7月 3日)