歯のインプラント治療最新の記事

インプラントとは

インプラント(Implant)とは、人工歯根のことです。歯は顎の骨に植えつけられた状態となっています。歯根とは、目に見えない部分のところをいいます。インプラントは、虫歯や何らかの事故で歯を失ってしまった場合に、人工歯根を埋め込む治療のことなのです。

インプラントは入れ歯のような違和感がありません。見た目も自然で、欠損した歯の部分だけに埋め込むので、審美性にもすぐれています。また、インプラントによって、食物を噛むという動作が自然にできるのです。

歯がなくなった場合、両隣の歯がそれぞれ歯のない方向に動いてきます。また噛み合わせの反対の歯も出てくるようになります。これによって歯に隙間ができ、同時に咀嚼力も低下してきてしまいます。「噛む」という動作は非常に大きな力が必要なのですが、たった1本の歯が無くなっただけでも咀嚼力は大きく低下してしまいます。

インプラントの適用によって、固い食べ物も食べることができるようになり、見た目もよくなります。ただインプラントは骨に人工のものを埋め込む治療ですので、信頼できる歯科を選ぶことが大切です。

歯のインプラント治療について

インプラントは入れ歯のような違和感がありません。見た目も自然で、欠損した歯の部分だけに埋め込むので、審美性にもすぐれています。また、インプラントによって、食物を噛むという動作が自然にできるのです。
カテゴリー
更新履歴
インプラントとは(2009年7月 3日)
インプラント治療(2009年7月 3日)
インプラントの種類(2009年7月 3日)
インプラントの費用(2009年7月 3日)